初期の機能

iPhoneはどんどん進化しており、そのたびに新しい機能が加わっています。それでは最初のiPhoneにはどのような機能が搭載されていたのでしょうか。

iPhoneの初代ではソフトウェアキーボードが採用されています。これは従来のガラケーの物理キーボードとは異なるものでした。そのため日本では受け入れられないだろうと考えられていました。初代は日本では発売されていません。日本で初めて販売されたものはiPhone3Gです。こちらは日本で大人気となりました。

そして、2009年にiPhone3GSが登場しました。こちらは一気に機能が増えて、スペックも増しました。動画撮影ができるようになったのです。また、音声コントロールが可能となりました。他にもアクセシビリティやデジタルコンパスといった機能が追加されています。現在のiPhoneにおいて当たり前となっているこれらの機能はiPhone3GSの段階で初めて採用されたのです。

この段階ですでにiPhoneというのはガラケーに取って代わる存在として日本では受け入れられていたのです。現在のものと比較すればまだまだ機能は貧弱となっているのですが、当時としては最先端の機器として憧れを抱かれていたのです。ここからどんどんiPhoneが進化していき、現在に至るのです。さすがに現在ではiPhone3GSを利用している人はほとんどいないでしょう。